News

                                                                                           日本ポーラログラフ学会                                                                                                        会長 大堺 利行 

協賛のお知らせ
35回溶媒抽出討論会のお知らせ
主催:      日本溶媒抽出学会 
日時:      平成281128日(月)~29日(火)
場所:      産業技術総合研究所つくばセンター つくば中央 共用講堂
       305-8561 茨城県つくば市東1-1-1 中央第1  
       http://www.aist.go.jp/aist_j/guidemap/tsukuba/tsukuba_map_main.html

参加費:   予約 会員・協賛学会員6,000円、学生1,000円、会員外7,000
       当日 会員・協賛学会員7,000円、学生2,000円、会員外8,000
       要旨集のみ6,000
情報交換会:日時 平成281128日(月)
              オークラフロンティアホテルつくば(茨城県つくば市吾妻1丁目1364−1
発表及び参加受付: 近日中に開始
発表形式: 口頭またはポスター

問い合わせ先: 産業技術総合研究所 環境管理研究部門
      田中幹也(mky-tanakaアットマークaist.go.jp


平成27年11月24日-25日
:イーグレひめじで第61回ポーラログラフィーおよび電気分析化学討論会を開催いたしました。皆さま、ご協力ありがとうございました

<第61回ポーラログラフィーおよび電気分析化学討論会 ポスター賞>
杉本 悠 氏(京大院農)
 「
大きなイオン直径を持つイオン間の静電相互作用」
冨永 浩平 氏(兵庫県大物質)
 「電気化学イムノクロマトグラフィーにおける測定領域の初期ラベル酵素量依存性」
山本 翔 氏(金沢大自然)
 「液液界面におけるアニオン性ポルフィリンの電位依存吸着配向性」
長谷部 万希 氏(京工繊大工芸)
 「フロークーロメトリーを用いる塩化物イオンと硫化物イオンの分別定量」
柿並 達也 氏(京大院工)
 「イオン液体|水界面を利用した金の樹脂状ナノファイバーの合成:粘度とナノ構造の相関」


平成26年11月15日-16日:京都工芸繊維大学60周年記念館
第60回ポーラログラフィーおよび電気分析化学討論会を開催いたしました。皆さま、ご協力ありがとうございました。

<第60回ポーラログラフィーおよび電気分析化学討論会 優秀討論賞>
口頭発表の部
河井 翔太 氏(京都大学農学研究科)
 「直接電子移動型酵素電極反応における電子移動経路モデルの構築-FDHを例として-」

ポスターの部
古江 祐太郎 氏(長崎大学工学研究科)
 「
電極/ビオロゲン型イオン液体/水溶液系の電気化学」
片倉 誠士 氏(京都大学工学研究科)
 「分子動力学法を用いた四級アンモニウム系イオン液体の界面構造の研究」
湯川 裕晴 氏(千葉大学理学研究科)
 「1‐ブチル‐3‐メチルイミダゾリウム系疎水性イオン液体と水との間におけるイオン移行自由エネルギーの評価」
坂江 広基 氏(金沢大学自然科学研究科)
 「液液界面における生体関連物質の吸着反応挙動に及ぼすデンドリック分子の効果」
松本 歩 氏(京都大学工学研究科)
 「電析皮膜のレーザー誘起ブレークダウン分光に対するパルス照射条件の効果」
河本 真由子 氏(中央大学理工学研究科)
 「ナノ炭素材料表面における多脚型Ru錯体の電気化学特性」
山口 祐哉 氏(京都工芸繊維大学工芸科学研究科)
 「2つの液膜系振動部位間での同期に及ぼす界面の閉鎖性の影響」
吉川 信明 氏(東北大学理学研究科)
 「分子シミュレーションによる液体界面のイオン輸送の解析」


平成25年11月28日-12月1日:石垣市民会館
第59回ポーラログラフィーおよび電気分析化学討論会を開催いたしました。皆さま、ご協力ありがとうございました。

<第59回ポーラログラフィーおよび電気分析化学討論会 学生優秀賞>
松本 歩 氏(京都大学工学研究科)
 「
電解析出とレーザー優希ブレークダウン分光法を組み合わせた液量微量金属イオンのその場定量分析法の開発
河井 翔太 氏(京都大学農学研究科)
 「フルクトース脱水素酵素DET反応メカニズム解明への突破口」
小鶴 拓海 氏(京都工芸繊維大学工芸科学研究科)
 「液膜電位振動の引き込みに与える界面の役割」
木下 隆将 氏(大阪府立大学工学研究科)
 「導電化磁性マイクロビーズを用いた電気化学的バイオ分析法の開発」
東 智弘 氏(長崎大学工学研究科)
 「HOPG電極上ジベンジルビオロゲン吸着層の二段階ファラデー相転移」
鈴木 誠 氏(東北工業大学工学研究科)
 「電気化学的手法を用いた浮遊性免疫細胞の呼吸活性および過酸化水素産生の評価」
阪井 研人 氏(京都大学農学研究科)
 「ギ酸/二酸化炭素対の生物電気化学的可逆反応系に関する一考察」
宇井 大貴 氏(兵庫教育大学自然系)
 「日本,韓国,台湾の待機中に暴露して生成した銅板腐食層のボルタンメトリー(中山-大堺法)による解析(3)-実試料銅板の腐食状態の地域,季節による違いについて-」
池田 陽一 氏(京都大学工学研究科)
 「イオン液体|金電極界面における酸化還元反応の電気化学表面プラズモン共鳴法(ESPR)による研究」

平成24年 11月26日-28日:八王子市高尾の森わくわくビレッジで第58回ポーラログラフィーおよび電気分析化学討論会を開催いたしました。皆さま、ご協力ありがとうございました。

<第58回ポーラログラフィーおよび電気分析化学討論会 学生優秀賞>
東 智弘 氏(長崎大学工学研究科)
 「HOPG電極上のジベンジルビオロゲン吸着層の相転移挙動に電解質アニオンが与える効果」
田川 理恵氏(長崎大学工学研究科)
 「金電極上の有機薄膜が溶液種のレドックス応答に与える効果」
内屋敷 純也氏(京都大学工学研究科)
 「イオン液体と水銀の間のソフト電気化学界面における構造:分光エリプソメトリーによる研究」
渡邊 敏夫氏(徳島大学先端技術科学教育部)
 「酵素の電解析出に対するナノ粒子の効果およびそのバイオ電池作製への適用」
臼井 智幸氏(東京工業大学総合理工学研究科)
 「カルボン酸系添加剤を用いた電解析出セリア微結晶薄膜の形態制御」


平成23年 12月1日-3日:沖縄・那覇市で第57回ポーラログラフィーおよび電気分析化学討論会を開催いたしました。皆さま、ご協力ありがとうございました。

<第57回ポーラログラフィーおよび電気分析化学討論会 学生優秀賞>

和泉 敦 氏(山形大学理学部)
 「ポルフィリン誘導体の重合反応による界面構造制御とそのレドックス特性」
中島 大輔 氏(京都大学工学研究科)
 「紙を保持体とする金ナノ粒子の電極界面への修飾」
浅野 達 氏(京都大学農学研究科)
 「高出力ガス拡散型バイオカソードの構築」
井本 麻耶 氏(神戸大学理学研究科)
 「混成電位理論を用いる高分子膜型イオン選択性電極の設計」
牧野 真平 氏(京都大学工学研究科)
 「イオン液体|Pt界面におけるフェロセン及びその誘導体の酸化還元ボルタモグラムの解析」
河井 翔太 氏(京都大学農学研究科)
 「D-Fructose Dehydrogenaseの生物電気化学特性解明のためのタンパク質工学的アプローチ」

学会カレンダー