第64回
ポーラログラフィーおよび電気分析化学討論会 

主催 日本ポーラログラフ学会
共催(予定) 日本化学会,電気化学会,日本分析化学会
後援 壱岐市役所 企画振興部 観光商工課・地域振興推進課
会期 2018年11月22日(木) ~ 11月23日(金)
会場 壱岐の島ホール 1F 中ホール

(〒811-5133 長崎県壱岐市郷ノ浦町本村触445番地 
壱岐の島ホール管理事務室
Tel:0920-47-4111)
http://www.iki-bunkahall.com
     

討論主題

「異文化融合が切り開く電気分析化学の未来」

定年退職された先生には、日本ポーラログラフ学会の「ポーラロ」が学会名に残っていることに驚かれることがあります。電気分析化学に馳せる当時の「おもい」が本会に引き継がれているゆえに、その名前なのではないでしょうか。壱岐島は、大陸と日本本土の間に位置しており、異文化交流の場となりかつ時代の流れに晒されてきました。小さいながらも存在感のある島です。異分野融合によって電気分析化学を牽引して頂いた先人のおもい、これから開拓されつつある新領域についてのおもいを、学生からベテランまでに、ここ壱岐島で、語って頂きたいと思います。多くの発表、活発な討論の時間を設けるために、一般発表のみの構成とします。

発表形式
口頭またはポスター発表

1) 口頭発表120分、20件程度)
意欲的な口頭発表を募集します。学生の発表も歓迎します。
液晶プロジェクターを使用します。発表にあたりパソコンをご持参ください。
Mac などで変換コネクタが必要な方はお持ち下さい。
(なお、口頭発表からポスター発表への変更をお願いする場合もございます)

2) ポスター発表
1講演当たり 縦120 cm,横90 cm (A0サイズ) のスペースを確保します。
ポスター発表前に、パワーポイント用いて1件あたり1分間フラッシュ発表をお願いする予定です。
口頭発表・ポスター発表をした学生の中から「優秀発表賞」を授与します。
参加登録費
(当日支払い)
予約:一般会員8,000円 学生4,000円 一般非会員 9,000円
当日申込:一般会員9,000円 学生5,000円 非会員 10,000円

・・・混乱を避けるため、できるだけ参加予約してください。
懇親会
日時:11月22日(木)18時より,
場所:壱岐ステラコート太安閣
    (〒811-5133 長崎県壱岐市郷ノ浦町本村触760-1)
   http://www.taiankaku.com
会費(当日支払い)
予約:一般会員および非会員 7,000円 学生会員 3,000円
当日申込:一般会員および非会員 8,000円 学生会員 4,000円
・・・混乱を避けるため、できるだけ参加予約してください。
重要締切日 講演申込締切:    8月24日(金)必着
講演要旨締切:   
9月28日(金)必着
参加予約申込締切:
9月28日(金)必着
討論会世話人  〒840-8502 佐賀県佐賀市本庄町1番地
  佐賀大学教育研究院自然科学域工学系  
  冨永 昌人

  電話:0952-28-8561
  E-mail:
masato@cc.saga-u.ac.jp
宿泊について
壱岐のホテルは、参加者全員分の数はありますが、予約が取れにくい状況になっています。
レンタカーを必要としない徒歩圏のホテル等はさらに限定されますので、是非、早めの予約をお願い致します。
なお、討論会2日目の最終まで参加した際,島を出る手段がなくりますのでご注意ください(23日の宿泊が必要)。

講演申込方法
  8月24日(金) 必着
講演者(登壇者)は日本ポーラログラフ学会の会員に限ります。ただし、学生を講演者とする場合、共同発表者の中に会員が一人以上含まれていればよいものとします。
(1) 講演題目、(2) 氏名(講演者に○)、(3) 所属、(4) 連絡先(住所,Tel,Fax,E-mail)、(5) 概要(200字程度)、(6) 口頭・ポスター発表の別(ただし,プログラム編成上,ご希望に添えない場合があります)、(7) 一般・学生の別を E-mail で討論会世話人(masato@cc.saga-u.ac.jp)宛にお送りください。
E-mailの場合、件名に「ポーラロ討論会申込み」と記してください。

講演プログラム
(pdfファイル 前回のものを掲載中)
 

講演要旨集(pdfファイル 前回のものを掲載中)
※学会終了まではパスワードをかけており、それを学会参加者のみに配布することとなりました。
学会終了後パスワードを外したPDFを掲載いたします。

講演要旨作成・送付方法
 9月28日(金) 必着
講演申込された方は、下記の書式に従って講演要旨を作成の上、PDF ファイルとして、E-mail に添付して討論会世話人宛にお送り下さい。
送信の際、ファイル名は、64-2018-●●●-△△.pdf として下さい。●●●には講演番号、△△には講演者の姓(半角ローマ字)が入ります。64-2018 は,2018 年の第 64 回討論会を意味します。なお、講演番号は、要旨にも記載する必要があります。Web サイトでご確認ください。不明の場合は、討論会世話人あるいは学会本部にお尋ねください。ファイル送信や PDF 化が困難な方は討論会世話人あるいは学会本部にご相談ください。

講演要旨書式(講演要旨のフォーマットの見本(pdfファイル)
 用紙設定   A4用紙
           天地左右に2.5 cmの余白(厳守、pdf を縮尺なしで印刷し、確認要)
 講演番号   最上行・左寄せ フォント:Times系、20 pt、Bold
 講演題目   講演番号の末尾文字から1.5 cm 以上の間隔
          2 行以上にわたる場合、講演番号の下部は空白
          フォント:ゴシック/Arial系、22 pt 程度、Bold
 所属・氏名   講演題目の下に、所属は略称で(  )内に入れ、
          その後に著者名を記入(著者名にふりがなをつける)
          著者が複数の場合、演者氏名の前に○印
          フォント:明朝/Times 系、12 pt 程度、Plain
 本文       図表を含め 1 枚以内
 フォント:明朝/Times 系、12 pt 程度、Plain

講演要旨は会誌には掲載されません。11月上旬に学会のホームページ(http://www.polaro.jp)に要旨集のpdfがアップされます (パスワードが必要です)。パスワードは参加者へお知らせします。討論会終了後はパスワードを外し、オープンアクセスになりますので、ダウンロードしてご覧下さい (版権は学会に帰属します)。


参加予約申込方法
  9月28日(金) 必着
 
(1) 氏名、(2) 所属と連絡先(住所,電話番号,Fax番号,E-mailアドレス)、(3) 日本ポーラロ学会 会員・非会員の別、(4) 一般・学生の別、(5) 懇親会参加の有無を明記して、E-mailにて、討論会世話人宛にお送りください。


入会申込方法
 HP内の入会申し込み手続きをお願いいたします。あるいは、学会誌巻末の申込用紙に必要事項を記載の上、学会本部宛にお送りください。
 
 年会費:一般 4,000 円


討論会世話人: 〒840-8502 佐賀県佐賀市本庄町1番地
  佐賀大学教育研究院自然科学域工学系   
  冨永 昌人

  電話:0952-28-8561
  E-mail:masato@cc.saga-u.ac.jp


学会事務局: 〒606-8502 京都市左京区北白川追分町
京都大学大学院農学研究科応用生命科学専攻内

電話:075-753-6393, FAX:075-753-6456
E-mail:kitazumi.yuki.7u@kyoto-u.ac.jp