学会概要

当学会について

当学会は、1953年(昭和28年)、社団法人電気化学協会(当時)に設置されたポーラログラフ委員会が母体となっています。委員会の活動が活発になるにしたがって学会設立の要望が起こり、電気化学協会の了承を得て1960年(昭和35年)10月28日に発会しました。1953年(昭和28年)9月に会誌「ポーラログラフィーの研究(現 Review of Polarography)」が創刊し、討論会は1954年(昭和29年)11月17-18日に第1回が開催されました。それ以来、会誌の発行と討論会の開催を定期的に行なっています。
現在では、古典的な滴下水銀電極のポーラログラフィーを用いている研究者はほとんどいませんが、その発展形であるボルタンメトリー等、各種電気化学測定にかかわる研究者が約200名参加しています。

本部:〒606-8502 京都市左京区北白川追分町 京都大学大学院農学研究科応用生命科学専攻 生体機能化学研究室

歴代会長

  • 1960-1972 舘勇(京都大学)
  • 1973-1979 鈴木信(近畿大学)
  • 1980-1997 千田貢(京都大学)
  • 1998-2001 池田篤治(京都大学)
  • 2002-2005 木原壯林(京都工芸繊維大学)
  • 2006-2007 谷口功(熊本大学)
  • 2008-2011 垣内隆(京都大学)
  • 2012-2013 楠文代(東京薬科大学)
  • 2014-2015 加納健司(京都大学)
  • 2016-2017 樋上照男(信州大学)
  • 2018-2019 大堺利行(神戸大学)